株式会社プロフィナンス「Plug and Play Japan アクセラレータープログラム Winter/Spring 2022」 Fintech部門に採択

21/12/01

株式会社プロフィナンス(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:木村 義弘)は、Plug and Play Japan 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)が主催する、アクセラレータープログラム Winter/Spring 2022 BatchのFintech部門(計9社)に採択されたことをお知らせします。

Plug and Play Japan

アクセラレータープログラムでは、2021年12月〜2022年3月期で実施する Winter/Spring 2022 Batchで(Fintech、Insurtech、Mobility、Brand & Retail、Health、Smart Cities、New Materials、Energy)の8つの事業領域から採択されたスタートアップが、Plug and Play Japanの公式パートナーである大手国内企業と連携の機会を得ます。

今回は、プロフィナンスを含め国内外スタートアップから67社(国内29社、海外38社)が最終選考を通過し、採択されました。

■ Plug and Play Japan アクセラレータープログラムとは

Plug and Play Japan コーポレートパートナー企業とともに、業界などの“テーマ”を主軸として、国内外のスタートアップをグローバルレベルのスタートアップへと支援していく約3ヶ月のプログラムです。

スタートアップはこのプログラムを通じて、複数のコーポレートパートナーのリソースを活用でき、幅広く多数の大企業との連携の機会を得られます。また、グローバル展開を目指すスタートアップは本社Plug and Play のメンターによるメンタリングやシリコンバレーでのピッチの機会、グローバルマーケットへのアクセスも可能です。また、企業パートナーはプログラムへの参加を通じ、厳選された国内外スタートアップとの個別面談、ネットワーキング、ディールフローセッション(ビジネスマッチング)等の機会が提供されます。

※プログラム詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000119.000028153.html


本件に関するお問合せ先

株式会社プロフィナンス 広報担当

team-pr@profinanss.com

お知らせ一覧
シミュレーターイメージ

v1.0 正式リリース

より使いやすく、より高速に。 スタートアップにも、複数事業を展開する企業にも、手に馴染む新しい計画体験と、確かな検証力を。