株式会社LAWNのKV

Vividirを使うことで思考キャパシティを拡張し、本質的な事業成長に集中できる環境を作りたい

株式会社LAWNのアイコン株式会社LAWN
脱Excel
計画作成の効率化
事業シミュレーションの精度向上
24/06/11

LAWNさまの事業について教えてください。

Screenshot 2024-05-31 at 17.44.01


弊社は、スポーツ施設向けのSaaSを提供しており、主にテニス施設を対象とした「テニスグ」と「ハイタッチ」という二つのサービスを展開しています。「テニスグ」はテニスプレイヤーとテニス施設をつなぐプラットフォームで、プレイヤーはコートの予約やイベントへの参加登録をワンストップで行えます。施設側も予約やイベントの受付を効率的に管理でき、売上向上に貢献します。

「ハイタッチ」は、テニススクールの運営を総合的に支援するツールです。会員管理や売上管理を基本機能とし、さらに会員の在籍年数を高めるための機能を搭載しています。例えば、チケットの未消化を防ぐための通知機能があり、これまではスタッフが電話で対応していた部分を自動化することで、品質の均一化と効率化を図っています。

また、ガットの張り替えログを保存し、適切なタイミングで会員に通知する機能も提供しています。これにより、施設のデータを可視化し、より効果的な運営が可能となっています。テニス施設向けのHubSpotやSalesforceのような存在を目指し、誰でもカジュアルに使いこなせるよう設計されています。今後も機能の充実を図り、テニス施設の運営をIT活用で支援していきます。

https://lawn.co.jp/

テニスグ!&ハイタッチ

Vividir導入前に直面していた課題について教えてください。

Vividir導入前は、事業計画の作成や管理にExcelを使用していましたが、多くの課題がありました。まず、Excelでは関数の整合性を保つのが非常に難しく、手作業で確認する必要がありました。そのため、計画作成に多くの時間と労力を要していました。また、複数のメンバーで共有する際に、ファイルのバージョン管理が煩雑になり、整合性が崩れることが頻繁にありました。

Excelで事業計画を作成する際には、各シートで関数やデータを手動でリンクする必要がありました。この作業は非常に時間がかかり、また一つのミスが全体に影響を及ぼすため、確認作業にも多大な時間が費やされました。さらに、複雑な関数を扱うために高度なスキルが必要で、全員が使いこなせるわけではありませんでした。

加えて、シミュレーションを行う際に、Excelでは柔軟性が欠けており、複数のシナリオを簡単に比較することが難しかったです。例えば、人員を増やした場合や新しいプロジェクトを開始した場合の投資対効果をシミュレーションする際に、多くの手作業が必要でした。

こうした課題を解決するために、Excelから脱却し、より効率的かつ正確に事業計画を作成・管理できるツールを探していました。そして、Vividirがこれらの課題を解消し、業務の効率化と精度向上に大いに役立つと判断し、導入に至りました。


Vividir導入後の変化について教えてください。

Vividirを導入してから、事業計画の作成が劇的に効率化されました。以前はExcelで計画を作成するのに数日かかっていましたが、今では1日で完了するようになりました。これは、Vividirが複雑な関数やデータの整合性を自動的に処理してくれるおかげです。これにより、私たちは計画の中身に集中できるようになり、本質的な業務に時間を割くことができています。

また、シミュレーション機能を活用することで、さまざまなシナリオを簡単に比較できるようになりました。例えば、人員を増やした場合や新しいプロジェクトを開始した場合の投資対効果を迅速に把握することができ、意思決定の質が向上しました。複数のシナリオを比較することで、より良い選択肢を見つけることができるようになりました。

加えて、投資対効果の見える化が進みました。以前は予測と実績のギャップを手動で管理していましたが、Vividirではこれを自動的に行ってくれるため、経営陣は迅速に状況を把握し、適切な対策を講じることができます。これにより、ビジネスのパフォーマンスを継続的に改善できるようになりました。

総じて、Vividirを導入したことで、計画作成の効率が大幅に向上し、私たちの業務がより戦略的かつ効果的に進むようになりました。今後もVividirの機能を活用し、更なる業務改善を目指していきます。


Vividirの導入プロセスとサポートについて教えてください。

Vividirの導入プロセスは非常にスムーズでした。初めての打ち合わせから、具体的な導入計画の策定まで、非常に迅速かつ丁寧に対応していただきました。特に、カスタマーサクセスの対応が印象的でした。彼は常に迅速に返信してくださり、どんな質問にも親身に答えてくれました。導入に際しての不安や疑問をすぐに解消できたのは、カスタマーサクセスのサポートのおかげです。

初回のオンボーディングセッションでは、操作方法や機能の説明が非常にわかりやすく、実際の業務にどのように適用できるかを具体的に示してもらいました。また、カスタマイズの要望にも柔軟に対応していただき、私たちのニーズに合わせた設定を行うことができました。

しかし、いくつかの課題もありました。システムのエラーや不具合が発生した際の対応が、特定のメンバーからの返信に依存しているため、他のサポートチームからの情報提供がもう少し充実していると良かったです。例えば、送った改善希望や不具合修正のステータスがどのようになっているのかを知りたいという点がありました。この情報がリスト化され、共有されると、安心感が増すと思います。

それでも、全体的にはサポートに非常に満足しています。特に、導入後の活用支援がしっかりしており、私たちがVividirを最大限に活用できるようにサポートしてくれています。定期的なフォローアップやトレーニングセッションも提供されており、継続的な改善とスキルアップが図れる点が非常に助かっています。

今後も、Vividirの新機能や改善点を積極的に活用し、私たちのビジネスにさらに良い影響を与えることを期待しています。総じて、Vividirの導入プロセスとサポートには非常に満足しており、これからも信頼して利用していきたいと思います。


今後の展望について教えてください。

Vividirを導入したことで、事業計画作成の効率化が進み、これまでにないスピードで意思決定ができるようになりました。今後は、さらにこのツールを活用して、事業の成長を加速させていきたいと考えています。

まず、外部共有機能の充実を期待しています。現状では、事業計画の共有はアカウントを持っている人間に限られていますが、今後は投資家やパートナー企業との連携を強化し、より効果的な情報共有ができるようにしたいです。また、事業計画の評価機能が追加されることにも期待しています。業種や業態ごとの評価基準を基に、事業計画の点数や通知表を提供してもらえると、より客観的な視点で計画の質を判断できるようになります。

また、事業計画のシミュレーション機能を活用し、新しいプロジェクトや施策の実現可能性を多角的に検討していきます。これにより、リスクを最小限に抑えながら、最適な投資判断を行えるようにすることが目標です。

総じて、Vividirは私たちの事業運営に欠かせないツールとなっており、今後もその機能を最大限に活用して、事業の成長を支えていきたいと考えています。引き続き、Vividirの新機能や改善点に期待しつつ、我々のビジネスのサポートをしてもらいたいです。


Vividirの導入を検討している他の企業に向けて、何かアドバイスやメッセージをお願いできますか?

もちろんです。Vividirは、事業計画作成の効率を劇的に向上させるツールです。特に、事業計画作成に多くの時間と労力を割いている企業にとって、大きな助けになると思います。導入前はExcelでの煩雑な作業に追われていましたが、Vividirを導入することで、計画の中身に集中できるようになりました。

経営者や事業企画担当者にとっての仕事とは、単にデータを入力することではなく、戦略を考え、実行することです。Vividirはその作業部分を大幅に軽減してくれるので、考えることに集中する時間が増えました。特に簡単に複数の予算を作成できることは、さまざまなビジネスシナリオを迅速にシミュレーションでき、意思決定の質を向上させます。

また、Vividirのサポート体制も非常に充実しています。導入プロセスでの手厚いサポートや、導入後のフォローアップセッションがあり、私たちがツールを最大限に活用できるように支援してくれます。不具合や改善要望にも迅速に対応していただけるので、安心して使用することができます。

ただ、導入予定の企業様によっておすすめ度合いが異なることも事実です。例えば、アーリーステージのベンチャー企業、大手の新規事業部門、その他単一事業で成長している企業には特におすすめできます。これらの企業は迅速な意思決定が求められ、かつVividirの機能活用でシミュレーションしやすいので、大いに役立つと思います。ただし、月額コストを考慮すると、予算に限りがある企業にとっては高く感じるかもしれません。その点を理解しつつ、投資価値を見極めて導入を検討していただければと思います。

最後に、Vividirは単なるツールではなく、経営者や事業企画担当者の思考キャパシティを拡張し、本質的な事業成長に集中できる環境を提供してくれます。是非、一度試してみることをおすすめします。

シミュレーターイメージ

v1.0 正式リリース

より使いやすく、より高速に。 スタートアップにも、複数事業を展開する企業にも、手に馴染む新しい計画体験と、確かな検証力を。